妊娠線 消す方法

妊娠線とは

 

妊娠・出産は幸せなこと
でも、できれば妊娠線は出てほしくない。
妊娠線の予防は?
妊娠線の消し方は?
妊娠、出産に関係なく出るの?

 

妊娠線,消す,方法,

 

そもそも妊娠線って何で出るの?

 

出てしまった妊娠線を消すためにも
予防のためにもまず「妊娠線」を知る。

 

妊娠線とは?

 

妊娠線,消す,方法,

 

妊娠線は皮膚の奥にある層、
真皮が裂けることで生じる断裂線のことで、
皮膚が急に伸びる場合に生じます。

 

名前のように、妊娠線は妊婦さんにできるイメージがあって、
赤ちゃんの成長と共にお腹の皮膚が伸びた結果、
お腹に線が発生するケースが多いといえます。

 

しかし、人によってはお腹だけでなく、
お尻や太ももに二の腕、そしてバストといった
部分に起こることもあります。

 

皮膚が急激に伸びる状況が発生すると、
それに耐えられなくなって裂けてしまいますが、
必ずしも妊娠だけが妊娠線の原因ではないです。

 

傾向としては男性よりも女性に多く発生しやすく、
クッシング症候群と副腎皮質ホルモンの長期内服者や、
急激な脂肪の増加も発症原因です。

 

狭義の妊娠線は妊娠時に発生する断裂線のみ差すので、
単に妊娠線といった場合はお腹の症状だけを対象とします。
幅数mm程度で長さ10cm以内の線が複数本、
並行的にお腹に生じるのが特徴です。
発生初期は淡紅色をしていますが、
やがて黄白色に変化して陥没に至ります。

 

妊娠線の消し方

妊娠線,消す,方法,

 

妊娠線の消し方

 

既に発生している妊娠線を消すには、
クリームを使用するケアと美容外科で治療を受ける方法があります。

 

前者の場合は、ダメージを修復する成分を配合する製品が有効で、
断裂してしまったコラーゲン繊維の修復や成長を助けます。

 

ビタミンC誘導体は繊維の修復を、
細胞増殖因子と呼ばれるFGFが繊維の成長を促しますから、
これらの成分を含む製品を選ぶのがコツです。

 

他にも、ダメージの修復と陥没した皮膚の再生に役立つシラノール誘導体や、
妊娠線を目立たなくするEGFの上皮成長因子も有用です。

 

保湿をして乾燥を防いだり、浸透力も大切ですから、
これらの条件を併せ持つクリームを毎日、
気になる部分に塗り込むのがポイントとなります。

 

一方の美容外科は、コラーゲンの再生を促進するレーザー治療が有効で、
患部に照射することで妊娠線を目立たなくすることが可能です。

 

治療に痛みは殆どありませんし、
色味は自然な肌の色に近づくので、
セルフケアでは改善しない場合の選択肢となります。

 

最近ではレーザー治療のリスクを考えて
皮膚の表面からのアプローチではなく
肌の内側かららアプローチ
「炭酸ガス治療」が注目されています。

妊娠線の消し方:ケアクリーム

妊娠線をマッサージしながら保湿も与えて
妊娠線をケアするクリームというと
この2種類が有名です。
口コミや評価も高い2ブランドです。

 

ノコア(NOCOR)とプレマーム

 

 

ノコア(NOCOR)

 

妊娠線,消す,方法,

 

 

プレマーム

 

妊娠線,消す,方法,

妊娠線を消す:美容整形外科「炭酸ガス治療」

美容整形外科のレーザー治療で妊娠線を
消すことも出来ます。

 

しかし、レーザー治療には少しリスクも
あるようで、軽い痛み、火傷の症状。
火傷後は残るなどの報告があるようです。

 

そこでおすすめなのが
【恵比寿美容クリニック】の
「炭酸ガス治療」です。
肌の内面からターンオーバーを
促進して妊娠後を消すという方法です。
難点なのが「炭酸ガス治療」を行ってる
クリニックが少ないという点です。

 

 

妊娠線,消す,方法,

妊娠線を消すまとめ

妊娠線,消す,方法,

 

妊娠線というのは皮膚の奥にある層、
真皮が裂けることで生じる断裂線のことで、
皮膚が急に伸びる場合に生じます。

 

妊娠中に保湿を含めたクリーム
マッサージが予防になると言われています。

 

出来てしまった妊娠線を消すには
妊娠線ケアクリームと

 

美容整形外科の
レーザー治療
炭酸ガス治療が有効です。